綺麗な目元をつくる二重整形|目元の悩みを解消

乳房を再び膨らませるため

バスト

2通りの方法

乳がんの治療は、乳房内のがん細胞を手術で除去するという方法でおこなわれています。そのためがん細胞が多く増殖しているほど、乳房を大きく切除することになります。これにより乳房の膨らみが失われるのですが、その膨らみを取り戻すために美容外科などでおこなわれている整形手術が、乳房再建です。乳房再建は、主に2通りの方法でおこなわれています。まずは、別の部位から皮膚や脂肪などの自家組織を採取し、それを乳房に移植することで膨らませるという方法です。そしてもうひとつの方法が、乳房内にシリコンインプラントを挿入することで膨らませるというものです。自家組織はもちろん、シリコンインプラントも柔らかいので、乳房再建により乳房は自然な丸みと柔らかさのある状態になります。

乳房を残すことが大事

乳房再建は、どちらの方法でおこなう場合も、もとの乳房が大きく残っていた方が進みやすくなります。具体的には、自家組織を使う場合は、多く採取せずに済むようになります。シリコンインプラントを挿入する場合は、まずは乳房の皮膚を時間をかけて伸ばして、袋状にする必要があります。大きく伸ばさなければならない場合には数ヶ月ほどかかるのですが、乳房に皮膚が多く残っている場合は、短期間で済むのです。そのため乳がんの手術では、後に乳房再建をすることを想定して、小さく切除することが肝心となります。つまり、手術前に医師に、乳房再建の意思があると伝えておくことが大事なのです。これにより、くり抜き法など乳房が大きく残る方法での手術がおこなわれれば、それだけ負担の少ない乳房再建が可能となります。